【感想】難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えて下さい!

https://n-ayaka.net/wp-content/uploads/2019/07/nayamu_boy2-2.png

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えて下さい!」を読んでみたいけど、どういう本なんだろう?レビューや感想が知りたい。

こういった疑問にお答えします。

この本のターゲットは「お金の素人」

この本の評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(4.0)
デザインの美しさ
(3.5)
値段
(3.0)
コレクション性
(4.0)
総合評価
(4.0)

この本はお金のプロである山崎元さんがド素人である大橋弘祐さんに、お金の増やし方を教えるという内容です。

山崎さんは東大卒で、外資系証券や保険など金融12社を渡り歩いたまさに「お金のプロ」。

一方大橋さんは、定期預金しかしらない素人。

この2人による会話形式で「無知の素人でもお金が増やせる方法」についてわかりやすく書かれています。

金融系の本って専門用語が多くて、素人には理解出来ない物が多いのですが、会話形式で1つ1つ説明してあるので、お金に無知な人でも理解出来る内容になっています。

5章で構成されているのですが、その中でも特に印象に残った内容や、実践したいことを紹介していきます!

お金を安全に持っておく編

1章の「お金を安全に持っておく編」は8項目があります。

  1. 定期預金よりはマシな方法
  2. 日本経済ってやばいの?
  3. え?銀行には近づいちゃいけない!?
  4. ネット証券の選び方
  5. SBI証券に口座を開いてみた
  6. 1万円だけでも投資をすると勉強になる
  7. 人類最大の発明、複利
  8. 国債を実際に買ってみた

この中でも特に印象に残ったのが、「6.1万円だけでも投資すると勉強になる」という項目。

お金について勉強を始めると、「何冊読んでもよくわからない」という現象に陥りやすいですよね。

しかしまず1万円分を買ってみる「とりあえず投資」を、とりあえずやってみると理解度が大きく変わるんです。

スポーツでたくさん理論を勉強した所で上達しないのと同様に、お金の運用も勉強だけでは増えません。

ですので実際にお金を運用してみると、より理解出来るので、「とりあえず投資」をやってみる大切さを学べました。

ちょっとリスクをとって運用する編

2章の「ちょっとリスクをとって運用する編」は10項目あります。

  1. 老後はいくら必要?
  2. 普通預金だって安全とは限らない
  3. 外資預金は銀行のカモになる
  4. いままで抱いていた投資のイメージを捨てる
  5. 投資信託ってあやしくないですか!?
  6. 投資信託はこの二つを買え!
  7. 頭のいい人たちは、なぜ投資をするの?
  8. 素人が手を出すべき金融商品「インデックスファンド」
  9. えっ、1万円でアップルの株が買える!?
  10. いつお金がもらえるのか

このような構成になっています。特に印象に残ったのは「6.投資信託はこの二つを買え!」です。

ここでは投資信託を買う時のポイントが5つ紹介されていて、更にお金のプロである山崎先生おすすめの投資信託が2つ紹介されています。

こういう本ってポイントを紹介するだけで終わる物が多いのですが、この本は具体的な名前が挙がっているので、条件に合う投資信託を探す手間が省けます。

どの投資信託がいいかわからないという人は、山崎先生おすすめの投資信託2つを選んでいいと思います。

https://n-ayaka.net/wp-content/uploads/2020/02/Sketchpad-min-1.png
あみょのすけ

私は山崎先生おすすめの投資信託二つをやってみることにしたよ!

お金を使う編

3章の「お金を使う編」は4項目あります。

  1. 結局、家は買ったほうがいいの?
  2. 医療保険に入る必要はない、これだけの理由
  3. 生命保険は入ったほうがいいの?
  4. 結婚は得か?

このような構成でした。この中でも特に印象に残ったのは「1.結局、家は買ったほうがいいの?」です。

この本の中での結論としては、「これから人生が動く若い人は賃貸のほうが無難なことが多い」ということでした。

住宅を購入したときのメリット・デメリットが書かれているので、なぜ若い人は賃貸のほうがいいのかが理解出来ます。

https://n-ayaka.net/wp-content/uploads/2020/02/Sketchpad-min-1.png
あみょのすけ

私は持ち家派だったけど、この本読んだら賃貸のほうが合ってるのかもっていう考え方に変わったよ!

トクする制度を実際に運用してみる編

4章の「トクする制度を実際に運用してみる編」は6項目あります。

  1. NISAって何ですか?
  2. NISAのはじめ方
  3. いくら投資するか決める
  4. インデックスファンドは国内と海外を半々ずつ買う
  5. インデックスファンドを実際に買ってみた
  6. 積み立て投資について

このような構成でした。特に印象に残ったのは「3.いくら投資するか決める」の項目です。

投資をするにあたって、安全資産をリスク運用資産に分けて投資をするべきだというのを学びました。

また金融系の本を読んだことのある人なら知っている「一気に買うよりも、毎月少しづつ積み立てで買ったほうがいい」という知識。

山崎先生によればこれは「三流ファイナンシャルプランナーが書いた本」にある言葉だそう。

少しづつ積み立てるよりも、購入時の手数料を安くして、早めに買ってお金に働いて貰う期間が長いほうが、現時点の判断としては正しいのです。

https://n-ayaka.net/wp-content/uploads/2020/02/Sketchpad-min-1.png
あみょのすけ

ちょっとずつ買うのは、ただの気休めなんだって!

投資額を決めたら、速やかにその状態を作ることが合理的とのことなので、積み立て投資はやめたほうがいいでしょう。

年金と確定拠出年金編

5章の「年金と確定拠出年金編」は6項目あります。

  1. 年金を知る
  2. 確定拠出年金の使い方
  3. 確定拠出年金の準備をする
  4. 確定拠出年金のはじめ方
  5. 確定拠出年金「個人型」に申し込んでみた
  6. お金で一番大切なことは何?

このような構成になっています。特に印象に残ったのは「6.お金で一番大切なことは何?」の項目です。

5章は年金と確定拠出年金についてがメインでしたが、1回読んだだけでは理解しきれませんでした。 ですので「6.お金で一番大切なことは何?」が印象に残りました。

山崎先生によるとお金を運用する上で一番大切なことは「ちゃんと働くこと」

働く気力とスキルさえあれば、たいていのことはなんとかなるので、「どんな状況になっても働く術を持っていることは最強の保険になる」のだそう。

https://n-ayaka.net/wp-content/uploads/2020/02/Sketchpad-min-1.png
あみょのすけ

私もスキルを身に着けて、最強の保険を手に入れる!

まとめ

「難しいことはわからないので、お金の増やし方を教えて下さい!」の感想はいかがでしたでしょうか?

今回この本から私が学んだことは以下の5つ。

  • 「とりあえず投資」の大切さ
  • 投資信託を選ぶポイント5つ
  • 若い人は持ち家よりも賃貸がいい理由
  • 投資をする時は、コツコツよりも早めにその状態を作る
  • お金を運用する上で一番大切なこと

この本を読んだ私もお金のド素人だったのですが、そんな私でも1つ1つの項目が理解出来る内容でした。

また山崎先生と大橋さんの会話形式で書かれているのも理解しやすい構成だったと感じました。

深く1つのことを学ぶというよりも、まんべんなくお金について理解したい人にオススメの本になっています。

お金について学びたい方はぜひ読んでみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です