【青学生必見】スーパー英語の裏技とは?効率的にマイルを貯める方法

スーパー英語がめんどくさい人

「スーパー英語がめんどくさすぎてやりたくない。どうしたら楽に終わるんだろう。テスト対策法や効率的にマイルを貯める方法も知りたい」

こういった疑問に答えます。

経営学部生を苦しめる憎きスーパー英語。

あみょのすけ
あみょのすけ

私も何度苦しめられたか数え切れない・・・

ただ最初に言っておきますが、私はこれらの裏技を一度使いましたが、それ以降は活用していません。

オンライン授業になってからスーパー英語以外の課題が多すぎて、120%で裏技を活用しています。

ということで今回は、以下を詳しく解説していきます。

  • 自力でサクッと終わらせる方法
  • 裏技でサクッと終わらせる方法
  • マイルを効率的に貯める方法
  • テスト対策法

スーパー英語がめんどくさい人必見です!

スーパー英語って何?

そもそもスーパー英語とは青学の経営学部生だけに課された英語の課題です。

その課題はオンライン上でやるのですが、週3回もあります。

Reading・Lisning・Reading&Vocablary・Grammerの4ジャンルから毎回4つやらなければなりません。

出題パターンは2種類あります。

  • Reading ①
  • Reading ②
  • Reading&Vocablary
  • Listening
  • Reading①
  • Reading&Vocablary①
  • Reading&Vocablary②
  • Listening

この4題全てを100点を取ることで課題終了となります。

また4つのうち1つでも100点が取れてないと未習得となり、課題が未達成になってしまいますので、注意してください。

さらに単位を落としてしまうと、2年生に再履修となってしまいます。

このスーパー英語は1年生だけでなく、2年生も履修します。

ですので単位を落とすと、2年生の時は週5で課題をしなければいけなくなるので、絶対に単位を取りましょう!

あみょのすけ
あみょのすけ

普通に課題をやって、普通にテストを受けたらほぼ確実に単位は取れる。

まあ、その「普通に」というのがめんどくさいんですけどね。

それではさっそく裏技を紹介していきたいと思います。

初級編:友達に答えを聞く

裏技初級編は友達に答えを聞く!です。

課題の締め切りは1週間なので出てすぐやるのではなく、締め切りが近くなってから、すでに課題を終えている友達に答えを送ってい貰いましょう。

そうすればわざわざやらなくても、簡単に課題を終わらせることができます。

実際、私の友達も答えがわからなくて友達同士のグループラインに答えを教えてほしいとのLINEを送っていました。

初級編を実践するにあたってのポイントは締め切りが近くなってから答えを聞くことです。

課題がでてすぐに聞くとやり終えている人がまだあまりいない可能性があります。

ですので確実に答えを知りたいなら、締め切り付近で教えてもらうのが有効だと思います。

中級編

裏ワザ中級編は「スーパー英語の答えを教え合うグループに入る」ということです。

え!?そんなグループあるの?

多くの方はそう思いますよね。

実は私もこのグループの存在を知った時は驚きました。

このグループは同じ経営学部生の誰かが作ってくれるので出来上がるまで待ちましょう。

誰かが作ってくれるまで待つのではなく、あなたがグループの作成者になるのもOK

むしろこのグループが出来上がることを待っている人がたくさんいると思うので、早々に作っちゃえばみんな助かります!

私の時は5月の上旬ぐらいにグループができていたと思います。(私はグループに入ってないので、記憶は少々曖昧ですが・・・)

グループの入り方ですが、Twitterからは入れるらしいです。

ただある程度グループの規模が大きくなってくると、周りの友達がそのグループに入っているはずなので、友達に招待してもらいましょう

上級編

グループに入る以外にまだ裏技があるのか!そう思ったそこのあなた!

実はまだあります!!!

しかもこれを実践していれば単位獲得まであと一歩です。

その裏技上級編とは・・・

答えを入力してからすぐにANSWERボタンを押さない!です。

これにどういう意味があるのかというと、これをすることでマイルがより効率的に貯められます。

スーパー英語の説明した時に教授は「カンニングをしてもマイルが貯まらない」と言っていたと思います。

つまりカンニングをすると短い時間で終わってしまうので、マイルが貯まらないという現象に繋がります。

それを逆手にとれば、TIME UPまでやれば長時間やっていることにはなるのでマイルが貯まります。

マイルをある一定数以上貯める事が単位獲得の条件となっています。

マイル不足で単位を落とす人もいるので気を付けてください。

なぜ裏技を実践しないのか?

最初にいった通り、私はこれらの裏技を実践していません。

正確には1度だけどうしても間に合わないと思ったので、グループに入っている友達から答えを貰いました。

その時の手軽さには驚きました

大体いつも20~30分ぐらいで終わっているのですが、その時は裏技上級編をやらなかったため3分ぐらいで終わりました。

その手軽さゆえにデメリットが二つあります。

裏技デメリット①

1つのデメリットはテストで点数が取れない!ということです。

単位習得にあたりテストの点数が大事になってきます。

そのテストの点数が取れないとなると、たとえマイルが貯まったとしても単位を落とす可能性があります。

ただスーパー英語をやっとことのある人ならわかると思いますが、問題の内容としては難しくはありません。

英語力がある人は一度も英文を読んでない状態でテストに臨んでも問題ないと思います。

しかし自信のない人はきちんと課題をこなすことが単位習得の一番の近道です。

テストは課題と全く同じ英文かつ設問も同じなのできちん課題を読んで、やっていえば全く問題はありません。

試験時間は60分なのですが、30分経過後は退出可能となります。

それにより多くの人が退出するので音が立ち集中の妨げとなるので出来るだけ退出可能になったら退出したところです。

課題をやっていれば30分で終わる内容なので安心してください。

実際私も30分で終えて、退出しました。

やはり課題はやるに越したことはありません。

裏技デメリット②

2つ目のデメリットは英語力が低下する!ということです。

これは実際私が感じたことなのですが、

スーパー英語をやっているおかげでなんとか英語力を保てているという気がします。

先ほど言った通り、英文自体は難しくありませんが英語に週3回触れる機会を与えてくれます。

もしスーパー英語がなかったら、英文を読む機会がとても減っていたと思います。

せっかく受験で頑張ってつけた英語力を低下させてしまうのは本当にもったいないです。

英語力が落ちてしまってから取り戻すのは大変ですし、何しろ多くの大学生は英語力をつけるため単語帳を毎日開いたり、音読したりなんてしてないはず。

だったら、少しでも英文に触れられる機会を見過ごすのはもったいない!

私はそう思って上記の裏技をやっていません。ただ、英語力とかどうでもいいっていう人はどんどん裏技を活用してみてください。

裏技活用方法

上記の裏技を全面に頼るのではなく、答えの確認程度に留めておくのが一番効率のいい活用方法だと思います。

やはりどんなに考えたってわからない問題はわからないですよね。

そんなときに裏技が役立ちます。

というのも、スーパー英語には答えが載っていないため、正誤の確認はもちろん、自分がどこを間違えたのかすらわかりません。

そんなときにグループに入っていれば正誤確認も出来るので便利です。

実際に私の友達の多くも、100%グループに頼るのではなく、まずは自分でやってみて間違えたところを確認する程度に利用しています。

そんな利用方法を知った上で、それでも私がグループに入らない理由は、グループに入ると答えを入力するだけになってしまいそうだからです。

私は自分に甘いので、友達みたいにうまく活用できるきがしません・・・

スーパー英語をどう取り組むかは人それぞれなので、自分に合った取り組み方をしてみてください!

青学生にオススメの記事はこちら!

大学生にクレジットカードは必要か?その理由を現役青学生が紹介! 大学生には楽天カードがおすすめ!実際に使っている私が紹介します。 大学生におすすめのパソコンはSurface!Macよりも使えます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です